HOMEスタッフブログ > 2月6日、今日は【御燈祭】

スタッフブログ

2月6日、今日は【御燈祭】

今日は【御燈祭】です。

御燈祭(おとうまつり、御灯祭、お灯祭とも)とは、和歌山県新宮市の神倉神社の例祭。勇壮な火祭りとして知られる。火への畏怖と恩恵に感謝して行われる「お燈まつり」。当日は、女性の入山は禁止。約2000人の男衆が御神火を移した松明を手に、山頂からの石段538段を駆け下りる。和歌山県無形民俗文化財(1964(昭和39)年5月28日指定)。

御燈祭は、毎年2月6日に行われるが、もとは旧暦の正月6日に行われていた(『紀伊続風土記』。古くは、祭礼で分けられた火が届くまで、各家で灯明を挙げることが禁じられていたことから、宗教民俗学的な解釈によれば新年における「火の更新」を意味する祭りである。

祭りの起源について、『熊野年代記』は、敏達天皇3年正月2日条に「神倉光明放」、同4年正月6日条に「神倉火祭始」と記すが、当地の伝承は神武東征神話に起源を求め、高倉下命が松明をかかげて神武を熊野の地に迎え入れたことが始まりであるとしている。

江戸時代には、現行の祭礼とほぼ同じものが確立したものと見られ、正月6日の開帳にあわせて行われたとある。伝来の古文書『社法格式』が記すところによれば、正月6日の祭礼の後、8日に修正会が行われたとある。このことから、御燈祭とは、新年を迎えるにあたって行われた、神倉聖による火を更新を意味すると考えられている。

『熊野年代記』の伝える神話にもあるように、神倉は、一年間の生活を支える火を産出、操作、そして浄化する修験者たる神倉聖の拠点であり、浄化された火が人々に与えられる儀礼を意味しているのである。

また、祭礼の動線、とくに神職ら一行の奉幣が神倉神社から阿須賀神社、最後に熊野速玉大社と、「熊野権現御垂迹縁起」(『長寛勘文』所収)等に見られる熊野権現の縁起譚が伝える垂迹と遷座の過程に沿っている点も注目されるべき点である。

 

 

■————————————————————————————————————————————■
ご予約やプラン詳細はこちら
http://www.seamore.co.jp/plan
■————————————————————————————————————————————■

 


和歌山県 南紀白浜 梅樽温泉 ホテル シーモア
URL http://www.seamore.co.jp/


南紀白浜 温泉 お料理 お部屋 予約 口コミ クチコミ 白浜 温泉会議 夕陽の宿

白浜 温泉 白浜 クエ カップル 温泉 旅行 赤ちゃん 温泉 旅行 家族 温泉 旅行
子連れ 温泉 旅行 母娘旅行 白浜 グルメ 和歌山県 温泉 南紀 温泉 白浜 海水浴
温泉 格安 白浜 宿泊 白浜館 白浜 白良浜 白浜 露天 天山閣 海ゆぅ庭 湯楽庵
クエ 九絵亭 温泉公園 白浜 足湯 海中展望塔


トップへ戻る

一覧にもどる

ご予約・ご宿泊プラン

資料請求

お問い合わせ

ページトップへ
空室カレンダーを表示

HOTEL SEAMORE Plan Best5

ホテルシーモア人気プランベスト5

ベストレート保証&ご予約特典

お客様の声

旅色に紹介されました

スタッフブログ

TWITTER

TWITTER